スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

易の八卦と六十四卦の情緒的な内容を明らかにします。


物情騒然たる現在の世の中で生活していると、ともすればむなしさやつかれを覚えやすいものです。
その中で、もしいつまでも変わらないもの、心情に響く情緒的なものがあれば、誰しもがそれを求めざるを得なくなります。そして、ただそれを知るだけでなく、それに従って考えて生活を営み、人を愛して愛されるような、人の世で幸せに生きてみたいと強く思うようになります。
 私は父親の影響を受けて、高校3年のときから、易に興味を持ち始めました。何か大切なものが易に隠されていると感じたからです。
大学生になってから、易の本を読み始めて、まず興味を持ったのが、易の八人家族でした。父と母、長男と長女、次男と次女、三男と三女の情緒的な世界が展開されていて、家族の大切さを表している易は実にすばらしいと思うようになりました。
 現在の日本において易というと、占いのことかと思うか、迷信扱いされるか、あるいはむつかしいと思われて敬遠されるかのどれかでしょう。
確かに、易は古代中国で占いとして始まりましたが、やがて儒教によって易は思想哲学となります。易は、占いのみならず、道徳、学術、宗教の基となってきたのです。
 私が本格的に易の勉強を始めたのは、アメリカにきてからです。 英語の勉強もかねて、英語でも易を読んでみようと思って、ニューヨークの書店に行きました。
東洋哲学のコーナーに常時、10種類以上の易の本がおかれてありました。そこで買った英語の易の本の中にあった河図と洛書の暗号解読をやり始めて、易の背後に隠されていた秘密が明らかになってきました。
 それから、今年で18年が過ぎました。私のこれまでの易学研究の成果を二つの占いに生かすことできました。それが、この「予知能力を最大限に発揮させる占い」と「九天使占い」です。
この二つの占いの本をほぼ同時に2011年11月に書き終えて、電子書籍の形ではありますが、このリンクの中に五つに分けて入れました。ぜひ、読んでいただけますようお願いいたします。
 しかし、易は占いの世界にのみ適用されるものではないのです。易は本来科学なのです。
心理学、社会学、経済学などの人文科学と、化学、物理学などの自然科学をより高い次元へと発展させるための学術研究の方法として導入されなければいけません。
 そのためには、今のままの易ではいけません。易の八卦と六十四卦の情緒的な内容が明らかにされなければいけません。それによって、はじめて、私達が住んでいる人の世界を突き動かしている、永遠不変の原理が鮮明に浮かび上がってくるのです。   
 18年間かかりましたが、占いの本を無事書き終えたということで、今の私には不思議な開放感があります。そして、これで終わらす、これからは占いのわくから出て、本来の易学の原点にもどって、もっと自由に書きたいという意欲がわいてきました。
 これまでの易の世界を変えます。映画「マネーボール」にあるように「今までと違う発想が必要」「常識を打ち破れ」「変えられる」と信じてやってきました。また、「易の長い伝統をバカにしている」と言われるかもしれませんが、心の底から「これしかない」という思いがこみあげてきます。
 とりあえず、ブログの名前は占いがついたままにしておきますが、これからは内容を変えます。占いに関心のない方でも、読んでいただけるようにします。どのように思われるか、ぜひコメント、メッセージなどメールしていただければ、幸いです。   

2011年12月3日 ヘンリー湯川 
スポンサーサイト
line

九星とダビデの星の秘密

一白水星から九紫火星までの九星の秘密
 九星となってますが、西洋占星術に登場する、牡羊座から魚座までのような目で見ることができる星ではありません。どんなに精密な天体望遠鏡を使っても、見ることができない星です。
この九つの星は本当に存在するのでしょうか。
 何だかわからないけれども、確かに存在して規則正しく動いている神秘的な何かを表現しようとして、九星の名がつけられたのです。私は学生時代から、この見えない九星が不思議で神秘的でした。「九星の背後には何か秘密の世界が隠されている。」と、どうしても思えるのです。
 
九星図と魔法陣
--------------------南
------四緑木星---九紫火星---二黒土星
---東-三碧木星---五黄土星---七赤金星-西
----- 八白土星---一白水星---六白金星
--------------------北
 
九星図は通常、五黄殺や暗剣殺などの用語で、方角の吉凶を占うのに使用します。
九星図は神秘数を表した河図洛書の洛書より始まりました。洛書は魔法陣の配置になっています。  
魔法陣は、どこから数えても合計が同じです。縦から数えると、9+5+1=15です。次に、横から数えても、3+5+7=15です。そして、斜めから数えても、2+5+8=15に、あるいは、4+5+6=15で、合計15です。
 
 しかし、九星図は魔法陣のままで止まっていません。九星図は、毎日、毎月、毎年、変化します。中央の五黄土星は四緑木星に変化し、南東の四緑木星は三碧木星に変化がします。東の三碧木星は二黒土星に変化します。中央を入れると九方位になる九星図は九回変化して、魔法陣に戻ります。

九星とダビデの星は密接につながっていました。     
 渡米してから、九星の秘密が解けました。用事があって、ニューヨーク市のブルックリンに行ったことがあります。壁に描かれたダビデの星を始めて見たとき、不思議な力を感じて、思わず立ち止まってしまいました。
ダビデの星とは上向きの正三角形に下向きの正三角形を重ね合わせた図形です。ダビデの星と九星と深いところでつながっていると考えるようになりました。
 
正三角形の九星図 にしました。  
正三角形のコーナーに九星図の中央の最初の星であり最後の星でもある五黄土星を入れて、九星が変化する4、3、2、1、9、8、7、6、5の順番で右回りに入れて、正三角形の九星図をつくりました。すると、正三角形の三つのコーナーに土星が入りました。

-------------------二黒土星C
----------------三碧木星B-----D一白水星
--------------四緑木星A---------E九紫火星
------------五黄土星I----H---G----F八白土星
---------------------六白金星-七赤金星
 

正三角形の九星図とは、時間の経過とともに九星がどのように変化するかを表わした図です。
九星には気エネルギーが沈み込んでいます。では、気エネルギーとは何でしょうか。胎児を守り育てる母の母体のように、私達の生命を守り育てる根本的なエネルギーです。
九星は実際の星ではなくて、気エネルギーなのです。

 気エネルギーを五つに分けると、五気になります。五気とは、木、火、金、水、土です。五気は私達が住んでいるこの世界の様々な現象を象徴します。たとえば、五気は四季を象徴します。木は春、火は夏、金は秋、水は冬になります。それでは、土は何を象徴するのでしょうか。
 土は四季の終わりに18日間あって土用と呼ばれ、過ぎ去る季節から来るべき季節への展開を促進します。
夏に食べる土用のうなぎをご存知でしょう。この土用は夏の終わりの18日間とされて、夏から秋への展開の促進、転換作用をなすとされます。
 しかし、正三角形の九星図の五気の順番は土、木、木、土、水、火、土、金、金、土で春冬夏秋になり、四季の順番には並んでいません。

 さらに、九星は易の八卦を保持していました。
易の八卦は八つの自然現象を象徴するとともに八人家族を示します。九星の八人家族は、子供達は生まれた順番で、母と父は子供達の間に入って男女が交互になる順番で変化していました。
正三角形の九星図で五気と易の八卦はどうしてこの順番で変化しているのか、繰り返し調べました。

九星の八人家族が変化する順番で話し合っているのが聞こえてきました。


四緑木星―風(長女)「しばらく様子を見るか、今すぐやるかで迷っているの。」
三碧木星―雷(長男)「心からやりたいと思うなら、思い切ってやってみたら。」
二黒土星―地(母) 「必ずやれるようになると、すなおに信じてほしいわ。」
一白水星―水(次男)「やればどんな問題があるのか、よくわかっているの。」
九紫火星―火(次女)「お姉さんの才能を発揮できる、すばらしい機会だわ。」
八白土星―山(三男)「どうすればやれるのか、計画をしっかりと立ててくださいね。」
七赤金星―沢(三女)「とっても良いことのように思えてきて、うれしくなってくるわ。」
六白金星―天(父) 「絶対にやってみせると強く決意して、全力でやってほしい。」
五黄土星「むつかしいと思えてきても、何とかその気持を切替えて、最後までがんばって。」

九星の八人家族はどのようにすれば願望を実現できるか話し合っていました。 

九星は何かを願って、実際にやれるのか考えて、やれると思ったら行動する人の心のように変化していました。
九星の背後に隠されていた秘密の世界は、心の中の世界だったのです。
正三角形のコーナーの土星は四季の展開の促進ではなくて、心の中での展開を促進していました。
九星の秘密がわかると、心の中の世界まで明らかになりました。
「そうだったのか。」と、私は驚かざるをえないのです。
夢中になって、ワクワクしながらさらに調べ続けました。 
九星は生きていました。人間にメッセージを伝えようと働いている九星の背後に、
これまで隠されてきた神秘的な立体世界、四次元の世界が、九天使の姿で静かに浮かび上がってきました。
この九天使を、MISTY(ミスティ)の編集長が興味を持ってくださって、
2002年3月号に「九天使占い」として掲載されました。

正三角形の九星図は願望実現の「モデルコース」 

最近になって、正三角形の九星図は、願望、思考、実行の三段階の過程を通過する、願望実現の「モデルコース」になっていることがわかりました。コースだけなくてモデルを付け加えたのは、何か願いを実現しようとするとき、進まざるを得ないコースになっていたからです。

ABC で心の中からこみ上げくる願望を育てようとします。 DEFでその願望は実現可能なのかよく考えて判断しようとします。そして、GHIでそれならやれるという思えてきたら実行して最後までやろうとします。

しかし、人は迷いやすいのです。

ABCに入り、 次の DEFのFの時点に入る前に、「本当にこのままやってよいのか。」「もうやめてしまおうか。」と迷ってしまいやすいのです。このように進むべきか止まるべきかで迷ったときに、筮竹やコイン、サイコロなどを用いて、易占いをすることができます。

 また、願望実現の「モデルコース」から外れてしまいことがあります。それは、電車が線路から外れて走ろうとしているようなときです。そのまま走ってしまうと、電車自体も破壊して、まわりにも被害を与えます。その前に止まって修理しなければいけませんが、これまでの易占いの方法では限界があることがわかりました。
 
 迷ったときの「切り札」になる、不思議で神秘的な占いをこれから説明します。願望実現の「モデルコース」から外れて脱線するところまでひっぱられていると、この占いはスペードの1のカードを出させて、気持ちを切り替えて止まるように働きかけます。この占いのポイントを整理して、「予知能力を最大限に発揮させる占い」としました。


ダビデの星の秘密とは内向型と外向型の和合であることがわかりました。
易の八卦と六十四卦は内向型と外向型に分かれていましたが、この内向―外向は密接につながって影響し合っていました。この内向―外向を和合させることによって、これまでの易の八卦と六十四卦とは違った説明できるようになりました。これで、「予知能力を最大限に発揮させる占い」を完成させることができました。
  河図と洛書に隠された秘密を解明をしようとして書き始めて、今年で18年が経過しました。ようやく皆様に「予知能力を最大限に発揮させる占い」としてお届けできるようになりました。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ヘンリー湯川

Author:ヘンリー湯川
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。